ページ

11.14.2010

なんか予想以上の反応が…

下の動画がののたんに公式RTされた後に、作曲者の琉姫アルナさん、水無月真の声を当てられている神村ひなさんにRTされたりと、妙に反響を頂けて嬉しかったりヽ(´ー`)ノ

こんなことならもう少し頑張るんだったと、少し後悔してますけどね!
そして琉姫アルナさんからは呟きにも反応頂けたりと、ファンとしては感極まる思いです。

Twitterはユーザと制作者の方の距離を近づけてくれるツールでもあるんだなーっと、改めて感じたり。
自分が好きな制作者の方が普段どんなことを考えているのかを知れるのは、とても良いです。
まぁ、オカゲで迂闊な制作ができなくなったりもするんですけど…!

BALDR関連のTwitterはいつも通りですね。
黛の話題がホットだったりしてるので、TKさんあたりはそろそろ悪夢をクリアしそうな感じが。
私はBALDRする暇がない!

ので、ちょっとl2さんに動画のことを聞かれたのでピロっと制作の流れをメモ程度に…。

BALDRはDirectXで動いてるのでDirectXを撮影するソフトなら何でも良いですが、とりあえず録画します。
フリーでオススメは「アマレココ」。
これを人によっては設定がまちまちですが、私の制作ではAMV3の圧縮なしで撮影しています。
撮影時には、BGMを入れ替える場合はBGMを切ります。

これで素材データの準備は完了です。

次に動画編集ソフトを使います。
AviUtlも勿論動画編集は可能なのですが、私はどーもこれがよくわかりません…。
なので、オススメ?なのはWindowsムービーレコダーを使います。
ここでガチャガチャ切り貼りしつつ、BGMを入れたりしてAvi出力します。

Avi出力する際に注意が必要なのは、音声はPCM44.1Mhzで。
これは設定で回避できると思いますが、何故かAviUtlで48Mhzはサポートされない~という感じで編集できなくなるためです。

あとはニコニコ動画なんかにUPする場合は640*480の4:3のサイズで書き出すと良いです。
ここでは容量度外視で最大サイズで書き出します。

出来上がった物が綺麗にできたなら、あとはAviUtlで圧縮します。
色々圧縮する方法はありますが、個人的にはAviUtlのH264プラグインを使った書き出しが一番綺麗だと思います。(サイズも小さいし)

Lanczos 3-lobed Pluginを使ってニコニコ動画のサイズ(512*384)に変更して、ビットレート調整などの調整をして出力します。
こちらのサイトが詳しく書いてます。
VIPで初心者がゲーム実況するには@wiki

これで出力された物に問題がなければ完成です(´ー`*)

0 件のコメント:

コメントを投稿